スポンサーリンク

大阪には、かつて巨大な湖が存在していました。

名前を「河内湖」といいます。

この河内湖は、一体どこにあり、今はどうなってしまったのでしょうか?

河内湖の歴史

今から、5000年以上前、現在の大阪には海が広がっていました。

今の東大阪市や八尾市あたりまで海が広がっていたのです。

これは「河内湾」と呼ばれていました。

やがて、気温が低くなり、海面は下がってきました。

すると、河内湾には、大阪湾の海水が入らなくなってきました。

そこで登場するのが、大阪を代表する2つの大きな河川です。

現在の淀川大和川が、それぞれ北側と南側から土砂を運んできたのです。

河内湾は、湾ではなくなり、完全に淡水化してしまいました。

このため、湖になってしまったのです。

これが河内湖です。

その後も、暴れ川である大和川は洪水を繰り返し、巨大だった河内湖はどんどん小さくなってきました。

そして、河内湖の干拓・開発はどんどん進み、湖は湿地へと変化していきました。

江戸時代になる頃には、すでに、河内湖は姿を消していたようです。

河内湖の場所

では、その河内湖は、現在、その名残を残していないのでしょうか?

調べてみましたら…

ありました!

大東市ある「深野池」と、門真市にある「弁天池」が、河内湖の名残だそうです。

深野池は、深北緑地内の中にあり、弁天池は、弁天池公園の中にあります。

最寄りの駅で言うと、片町線の四條畷駅、京阪電車の萱島駅あたりでしょうか。

寝屋川を挟んで、東が深野池、西が弁天池といった位置関係になっています。

深北緑地は、健康的な運動公園になっており、大昔、ここが湖の底だったとは、全く感じられません。

弁天池についても、周囲は美しい遊歩道で、とても綺麗な池になっています。

今では、姿を消した河内湖ですが、この弁天池の底あたりが、河内湖の湖底だったようです。

弁天池の美しい風景を見ていると、河内湖の風景も是非見てみたいものだと思いました。

スポンサーリンク