スポンサーリンク

大阪府豊中市にある蛍池(ほたるがいけ)駅。

阪急宝塚線と大阪モノレールの接続駅として有名な駅になります。

大阪空港が近いことから、乗り換えに利用している人も多いのではないでしょうか。

大阪に住んでいる人にとって、蛍池駅は当たり前のように利用するものとなっています。

しかし、駅名をよく見てみると、蛍池駅には「池」が含まれています。

ということは、近くに、「蛍池」というため池でもあるのでしょうか。

気になったので、調べてみました。

蛍池駅の名前の由来

まずは、蛍池駅の由来について、見ていきましょう。

蛍池駅は、昔、麻田藩の領地となっていました。

そこで、本来ならば「麻田駅」という名前にする案が有力でした。

しかし、阪急の創業者、小林一三が「麻田駅では面白くない」という意向を示したことから、駅名が再検討されることになりました。

当時、隣村の刀根山地区に「蛍ヶ池」という池があり、蛍狩りが盛んだったようです。

この風流な名前こそ、新しい駅名にふさわしいとのことで、駅名は「蛍池駅」になりました。

蛍池駅が浸透するようになってからは、「麻田」という名前は次第に影が薄くなり、駅の近くの町名も「蛍池」に統一されたようです。

蛍池はどこに?

では、当時、名前を決定づけることになった、蛍狩りの名所、蛍ヶ池とは、一体どこにあるのでしょうか?

蛍池駅に近い池といえば、南東約100メートルの地点あたりに、箕輪池というため池があります。

しかし、この池は関係ないようです。

そして、現在の蛍池駅から東へ約500メートルほど進んで見ると…

ありました!

刀根山4丁目、刀根山病院の裏手に「蛍ヶ池」という小さなため池を見つけることができました。

特別に目立っているため池ではありません。

しかし、小さくて、静かで、綺麗な池になっています。

今の時代、蛍を見ることはできなくなったようですが、昔、蛍がたくさんいて、駅名の由来にもなったと言われてみれば、そのような気もしてきます。

ため池自体は、ごく普通の目立たないものですが、その名前は、大阪に住んでいる人がほとんど知っている「蛍ヶ池」です。

駅名や地名というのは、面白いものですね。

スポンサーリンク