スポンサーリンク

土地の取引の目安となる「公示地価」が、先日発表されました。

大阪府と京都府では、商業地が6年連続、住宅地も2年連続で上昇しています。

全国の商業地の上昇率ベスト10で見ても、大阪市は5地点、京都市は3地点がランキングされています。

相変わらず、海外からの観光客によるにぎわいが続いていると言えるでしょう。

大阪で地価上昇率の高い場所

大阪では、インバウンド効果が続いています。

商業地の地価上昇は、周辺の住宅地の地価も押し上げています。

大阪中心部の商業地では土地が高くなっているので、周辺の地域にマンションなどを建設しているのでしょう。

場所別に見ると、住宅地では、箕面市白島2丁目が上昇率19.3%と大阪1位を記録しました。

大型商業施設「みのおキューズモール」から北に数百メートルの住宅地です。

大阪メトロ御堂筋線と接続する北大阪急行線の延伸による新駅「箕面萱野駅」による効果が大きいものと思われます。

北大阪急行では、全体的に地価が上昇してきています。

大阪で地価の高い場所

商業地に限ってみると、昨年あたりから、ミナミの勢いがすごいです。

今年も土地の最高価格は、大阪市中央区ミナミの商業ビルで、北区梅田を上回っています。

キタも勢いがないわけではないですが、ミナミの勢いが強すぎるのでしょう。

ミナミはアパレルブランドや飲食店が繁盛し、訪日客の人気がとても高くなっています。

それに伴って、ドラッグストアやホテルの進出もすさまじいです。

昔からミナミを知っている人にとっては、本当に別世界のように生まれ変わっています。

大阪万博あたりまでは、この地価上昇の流れは続くのではないでしょうか。

スポンサーリンク