FIREって何?若い世代に流行りの生き方・働き方とは?

突然ですが…

あなたは「FIRE」という言葉の意味が分かりますか?

日本語風に書くと、ファイア。

普通は「火」とか「燃やす」という意味をイメージしますよね。

ただ、この言葉…

若い世代の間では、もっと別の意味で使われているのです。

コロナ禍の中、とても重要な概念ですので、今回、簡単に触れておきたいと思います。

働き方改革とFIRE

昭和の頃、次のような言葉が流行りました。

「24時間戦えますか?」

24時間365日、働き続けるエネルギッシュな言葉です。

時は過ぎ…

現在は令和時代となりました。

会社のために、24時間、働き続けようとする人はほとんどいなくなりました。

そんな会社があれば、ブラック企業として認知・拡散され、機能しなくなる世の中です。

・年功序列・終身雇用モデルの崩壊
・政府の働き方改革
・SNSの普及

による影響なのでしょう。

そもそも、同じ会社に40年間、勤務する時代でもなくなりました。

社員の立場としては、ドライな気持ちで転職するようになりました。

逆に、会社の立場としても、希望退職や解雇通告などが珍しくなくない社会情勢となりました。

この「解雇」という言葉、

拡大解釈すると「燃え尽きた」というイメージで捉えることもできますよね。

そこで、冒頭の「FIRE」という言葉。

もちろん、「火」とか「燃やす」という意味もあるのですが、

「解雇する」

という意味でもあるのです。

FIREという働き方

さて「FIRE」という言葉。

「火」とか「解雇する」という意味があることが分かりました。

しかし、現在の若い世代の間で流行っている「FIRE」は、「火」という意味でも「解雇する」という意味でもありません。

実は「FIRE」とは、次の言葉の頭文字を表しています。

・Financial
・Independence
・Retire
・Early

つまり、

「経済的に独立して、早期退職する」

ことを指しているのです。

芸能界でいえば、大橋巨泉さんに近いイメージでしょうか?(若い世代は知らない人もいますかね???)

クイズダービーの司会をはじめ、若い頃にテレビで活躍し、元気なうちにサクッと芸能界を引退した有名人です。

この頃から、セミリタイアという言葉がでてきました。

私自身も、現在、フリーランスで結構自由な生活をしています。

しかし、フリーランスになって自立できたのは45歳です。

私自身が「FIRE」かといえば、そのように思っていません。(大橋巨泉さんも、厳密にいえば「FIRE」ではないのでしょう。)

この「FIRE」という言葉は、もっと若い世代…

20代とか30代でサクッと会社を辞めて、アーリーリタイアすることを指しています。

年金をもらう直前に、会社を辞めるのではありません。

FIREとは、もっと若くて元気なうちに、現役(仕事)を引退し、自分の好きな生活をするという、

とても魅力的な生き方・働き方のことを指しているのです。

「FIRE」

という言葉で書籍検索すると、最近、ものすごい勢いで増えていることが分かります。

しかし、FIREするといっても、そう簡単な話ではありません。

FIREするためには、一体どうしたらよいのでしょう?

FIREするための方法

「FIREするためにはどうしたらよいか?」

この問いに答えられる人は、私を含め、ほとんどいないのではないでしょうか。

私自身、45歳でセミリタイア(週3日ほど働く生活)を達成しましたが、そこに到達するまでかなりの紆余曲折がありました。

しかし、最近は、私と同様、40代、50代でセミリタイアし、少しずつ引退していく人が増えてきました。

この引退した人たちを見ていくと、ほとんどの方に共通するのが、

「投資家」

「不動産」

に絡んでいるということです。

アーリーリタイアするためには、莫大なお金か、不労所得が必要となってきます。

とても難しいんですが、敢えて具体例を挙げるとすると、次のようなイメージになるのでしょうか。

①学校を出て就職し、固定費のかからない親の実家から会社に通勤する
②節税を意識し、給与や賞与のほとんどを貯蓄に回す(年間200万円くらい)
③自分に合った副業を兼業し、会社とは別で稼ぐ(年間100万円くらい)
④この生活を数年続けて、ワンルームマンションをキャッシュで購入する(年間100万くらいの不労所得になる)
⑤不労所得も収入に加え、あと数年続けて、2戸目のワンルームマンションをキャッシュで購入する

④と⑤を繰り返すか、ローンを組んで速度を上げるかして、不労所得を増やし、会社を卒業する…

理想を言えば、だいたいこんなイメージでしょうか。

いずれにしても、FIREするためには、金額の大きい不動産を絡め、不労所得を得ることがミソとなります。

不動産にこだわる必要はありません。

他に不労所得の元となる大きな資本があれば、アーリーリタイアは可能だと思われます。

FIREという生き方・働き方は、ほとんどの方にとって魅力的なのではないかと思っています。

いい機会ですので、会社員の方も

「あなた流のFIREする方法」

を、一度、考えてみてはいかがでしょうか?