フリーランス活動において、会計事務所(税理士)は必要か?

私は、会社員を辞めてフリーランスとして活動しています。

そのため、会社員の方から、よく次の質問を受けます。

「フリーランスの人って顧問税理士とかつけてるの?」

先日も複数の知人から聞かれました。

この質問に対する回答は、事業規模や、その人の考え方によって、さまざまです。

そこで、今回は、簡単に、私の考えを述べてみたいと思います。

会社員に必要となる事務処理

まず、会社員の方の事務処理から見ていきたいと思います。

会社員の方は、毎月、給料が振り込まれています。

税金や社会保険料などの支払いはすべて源泉徴収として、事前に差し引かれています。

このため、普段は何もすることがないはずです。

あったとしても、出張など、仕事で必要な出費をしたときに、領収書を貼り付けて、経理部へ提出・承認依頼をするくらいだと思います。

そして、年末に、年末調整の書類を会社に提出すれば、すべて完了です。

ほとんどの会社員の方は以上だと思います。

かなり医療費がかかったとか、マイホームを購入したケースでは、2月3月の時期に確定申告をすることもあります。

しかし、これも会社からもらう源泉徴収票を書き写し、医療費などの数字を追記するだけで簡単に完了します。

ようは、会社員の方は、会計に関する事務手続を意識する必要はほとんどなく、とても楽なのです。

フリーランスに必要となる事務処理

会社員を辞めてフリーランスになると、会計に関する事務手続をすべて自分でしなければなりません。

このとき、大きく分けて、次の2つのケースがあります。

①個人事業主として活動しているケース

②法人を立ち上げて活動しているケース

まず、①の個人事業主のケースから見ていきましょう。

この場合、個人として活動しているわけですから、年に1回、確定申告をすることで会計手続は完了します。

ただ、必要経費などは領収書を保管する必要があり、帳簿も自分でつけなければなりません。

(最近はクラウド上で、個人事業主用の会計ソフトがたくさんありますので、簿記を知らなくても使うことができます。)

定期的にもらえる給料という概念はなくなり、売上を立てて、早く入金することが目標となります。

この売上が事業収入となり、経費が差し引かれ、所得税・住民税・事業税などが計算されていくのです。

私の周囲の個人事業主の方々は、ほとんど自力で確定申告をしているような気がします。

しかし、私の場合、不動産投資仮想通貨(暗号資産)FXなど個人事業主として、さまざまな活動をしていました。

仕訳処理がとても複雑となっていました。

そこで、個人事業主の確定申告でも、会計事務所(税理士)に任せていました。

がんばれば自分ですることもできましたが、本業のコンサルティング業に集中したかったのです。

ただ、シンプルな事業の場合、個人事業主の確定申告はそれほど難しくありませんので、自力で行うことをオススメします。

次に、②の法人成りをしているケースを見ていきましょう。

この場合、個人としての確定申告の他に、法人としての決算処理を行う必要があります。

法人の通信簿となる損益計算書貸借対照表を作成するのです。

個人事業主は、個人としての所得税・住民税・事業税だけを決定すればよかったところ、法人化したとたんに、法人税も決定する必要があるのです。

結論から言いましょう。

このケースでは、会計事務所(税理士)に任せたほうがいいと思っています。

理由は下記3点です。

・法人の決算処理は個人の確定申告に比べて難しい

・一度、決算処理を理解しても、税制はコロコロ変わるので、改正についていくのが大変

・会計事務所(税理士)はその道のプロなので、自分のビジネスに合った節税などのノウハウを教えてもらえる

ここは意見が分かれるところだと思います。

税理士や簿記検定の勉強をしたことのある人にとっては、法人の決算書を作ることも可能です。

最新の会計ソフトでは、ボタンを押すだけで、決算書も作成してくれます。

私は1級ファイナンシャル・プランニング技能士で、簿記の知識も保有しているつもりです。

しかし…

最新の税制、仮想通貨(暗号資産)の処理、コロナ禍における損金算入の有無、LLPとの合わせ技など、とても一人でカバーしきれるものではありません。

これをすべて自分ひとりでカバーするとなると、本業が疎かになる可能性が高いです。(会計ミスも発生します。)

そこで、基本は、会計事務所(税理士)にお任せして、顧問料を支払うことにしています。

月1万円から3万円ほどかかりますが、会計処理のチェック料・授業料・相談料としては妥当な相場だと思っています。

おかげさまで、今までは知らなかった、さまざまな会計処理や裏技を習得することができています。

自分ですべてをこなすスーパーマンのような人もいますが、餅は餅屋です。

ランニングコストはかかりますが、間違った会計処理をしないためにも、法人成りした場合は、会計事務所(税理士)と契約することをオススメします。

あなた自身が、会計の実務スキルを身につけて成長することもできます。

私の場合、法人の処理も個人の処理も、会計事務所(税理士)に任せています。

法人のサイフと個人のサイフの両方を考えないといけないので、複雑なんですよね…。

しかし、法人の決算処理だけ会計事務所(税理士)に任せ、個人の確定申告は自力でするというのが多数派だと思います。

あなたのビジネス規模に合わせて、最良の選択をしていただきたいと思います。