長期的にお金を貯める基本原則…モノは法人、キャッシュは個人へ!

私はフリーランスです。

メインであるコンサルティング業を中心に、さまざまなビジネスを自由に行っています。

ただし、私は、個人事業主として活動しているのではなく、合同会社という法人を立ち上げて活動しています。

このほうが、私にとって、いろいろと都合のいいことが多いためです。

最近、この点について、会社員の知人から質問されることが多くなってきました。

ほぼ同じことを聞かれるので、このあたりの事情について、今回は簡単に紹介したいと思います。

税引き前に買い物ができる喜び

法人を立ち上げるメリット。

これを全部書くと、本1冊では足りなくなるくらい、さまざまなものがあります。

代表的なものをひとつだけ挙げれば、

「究極の節税ができる!」

ということでしょうか。

会社員の方が、会社からもらう給料はすでに、税金や社会保険料が差し引かれています。

そして、受け取った手取り分は、使ったら消えるだけです。

しかし、法人を所有している私であれば、税金や社会保険料を差し引かれる前のお金を使うことができ、税金や社会保険料を少なくすることが可能なのです。

例えば、車やパソコンです。

会社員の方は、税金や社会保険料が差し引かれた後のお金を使って、車やパソコンを購入します。

私は、税金や社会保険料を差し引かれる前、つまり、法人のお金を使って、車やパソコンを購入します。

すると、大きな金額となる車やパソコンは法人の経費となります。

結果として、税金を軽減させることができるのです。

役員報酬を調整することで、社会保険料も減らすことも可能です。

結果として、私個人の手取り分(可処分所得)は増えることになります。

「税引き後に買い物をする(個人)」

か、

「税引き前に買い物をする(法人)」

かは、

とても大きな違いなのです。

法人という器は、さまざまな支出を自分自身でコントロールすることができます。

最近は、この点を意識している人が増えてきているように感じます。

コロナ禍も影響しているのでしょうか。

個人で法人を立ち上げるプライベートカンパニーという言葉も一般化してきました。

興味のある方は、こちらの記事をご覧ください。

モノは法人、キャッシュは個人へ!

先ほどは、車とパソコンを例に上げましたが、

・賃貸住宅の家賃
・生命保険
・スマホ料金

などの費用も、仕事に関係しているのであれば、同様です。

特に、賃貸住宅の家賃に関しては効果が絶大です。

ある条件を満たすだけで、住居費という大きな固定費が経費となり、節税できるって、すばらしことですよね。

この方法に興味のある方は、こちらの記事をご覧ください。

もう一度だけ言います。

仕事に関係するモノであれば、

モノは、法人(税引き前)経由で買い物をするとよいでしょう。

すると、税金が安くなります。

個人の手取り分が増えます。

結果として、キャッシュが個人へどんどん貯まっていきます。

この基本的な仕組みを、キャッチフレーズ的には、

「モノは法人、キャッシュは個人へ!」

と言います。

聞いたことある人も多いのでしょうが、最近、とてもよく聞かれるネタです。

知っておいて損はないと思います。

ただ、ここだけ聞くと、法人設立はバラ色のように見えますが、もちろんデメリットもあります。

これはまた別の機会に紹介したいと思います。