私が喫茶店に頻繁に入る理由…珈琲?交流?時間?空間?

久しぶりにブログのタイトル「大阪で自由気ままに生きる道」っぽい記事を書きたいと思います。

街中にある喫茶店

あなたは、どのくらいの頻度で利用しますか?

月1回?
週1回?
3日に1回?

私は、会社員時代、それほど喫茶店を利用していませんでした。

しかし、フリーランスになってからは、ほぼ毎日、利用するようになりました。(最近はコロナの影響で外出自体を自粛していますが。)

今回は、この変化について少し触れたいと思います。

喫茶店のサービスについて

普通、喫茶店といえば、「珈琲」ですよね。

インスタントに近い安価なものもあれば、コーヒー豆にこだわっている美味で高価なものもあります。

私自身、珈琲は好きですが、正直、味のことは全く分かりません。

コンビニなどで購入する100円珈琲と、喫茶店で出される1000円珈琲。

おそらく、私は区別することができないでしょう。

それほど珈琲の味自体にこだわりのない私が、なぜ喫茶店を頻繁に利用することになったのか?

それは、私が「珈琲」という「モノ」に対して対価(お金)を支払っていないためです。

あと、喫茶店で友人・知人と会話を楽しんでいる人も多いですよね。

これにも、私にはこだわりがありません。

基本、私はひとりで喫茶店に入ります。

2人以上で入ることは、ほとんどありません。

これは、私が「会話を楽しむ場所の提供」という「サービス」に対して対価(お金)を支払っていないためです。

私が喫茶店に対して期待しているもの

では一体、私は何のために喫茶店に入っているのでしょう?

珈琲1杯500円の喫茶店と、珈琲1杯1500円の喫茶店。

あなただったら、どっちのお店に入りますか?

普通は、安いほうの喫茶店に入りますよね。

ただ、私は、おそらく高いほうの喫茶店に入ると思います。

理由は、空いているケースが多いと予想されるためです。

値段の安い喫茶店は混んでいることが多く、ゆっくりできないですよね。

イヤホンをして長時間勉強をしている学生もいますが、回転率で勝負している安価な喫茶店での長居は少し気を使います。

これに対して、値段の高い喫茶店は空いていることが多く、会話している人も少ない気がします。

私と同じように、ひとりで自分の時間を堪能している人が多いように感じられます。

あと、会社員とは異なり、フリーランスの喫茶店の珈琲代は、仕事や勉強だと経費とすることができる点も大きいです。

話を戻します。

私はうつ病で会社員を卒業しました。

振り返ってみると、仕事以外のことを考える余裕はあまりなかったような気がします。

しかし、フリーランスになってからは、視野を広げて、さまざまなことを考えることができようになりました。

喫茶店では、仕事をするときも、勉強するときもあります。

ただ、私にとって一番大きいのは、喫茶店の提供してくれている空間の中に

「自由な私がいる」

という状況です。

この雰囲気によって、私自身が変化しているような気がするのです。

私自身が、自律的に、癒し・くつろぎを感じ取ることができているのです。

「誰にも縛られることなく、自分の意思で喫茶店で時間を過ごしている」

この自分自身の置かれているこのシチュエーションそのものが、なんとも言えない心地よい感覚を、私の中で生み出してくれているんです。

うつ病になっているから、そのように感じられるのか、私には分かりません。

ただ、喫茶店で自由な私がくつろいでいるという状況自体が、私にとって、とても心地よいのです。

モノでも時間でも空間でもない、私自身が自律的に変化できるようにしてくれているもの。

「心の癒し・治療サービス」のようなものを、私は喫茶店に期待しているのかもしれません。