会社員 vs フリーランス…ウィズコロナ時代において勝ち組なのは…

”会社員 vs フリーランス”

会社という大きな組織に属し、その中で決められた仕事をする会社員

組織という枠に縛られず、自由に好きな仕事をするフリーランス

この言葉だけを見れば、フリーランスのほうが自由で快適のように見えます。

しかし、会社員は毎月、決まった日に給料が振り込まれるのに対して、フリーランスの収入は仕事の有無によりゼロとなるリスクもあります。

このため、どちらの生き方・働き方が優れているのか、比較されることが多いです。

ネットなどで、いろいろ調べてみると、

”フリーランスのほうがいいよ”

という人のほうが圧倒的に多いように、個人的には感じています。

理由は簡単です。

会社員の人は、会社に属していて、独立・起業のことを考える機会はほとんどありません。

これに対して、フリーランスの人は、それなりに考えて、会社員から転身して自由を勝ち取った人が多いです。

この自由を勝ち取った人が、ブログなり書籍なりで成功体験談を書いているので、フリーランスの満足度のほうが高くなりがちなんだと思っています。(フリーランスで失敗した人は体験談など積極的に発信しないと思うので。)

先日の「ポツンと一軒家」という番組でも、自由で素晴らしい生き方をしている人が紹介されていました。

さらに、

年功序列制度の崩壊、正当でない能力主義、早期退職、対人関係、ハラスメント、社畜…

など、会社員にとって、働き方が改悪されているご時勢でもあります。

私自身も、会社員からフリーランスに転身した経験をもっています。

ここまで見てくると、

”フリーランスが勝ち組だよね”

というだけの話となります。

しかし、時代は常に変化し続けています。

現在は、新型コロナウイルスという未知の疫病のため、社会が大きく揺れています。(変化せざるを得なくなってきています。)

長引く自粛生活により、フリーランスの人は、収入も激減し、自由もなく、生活できない水準になっています。

もともと、フリーランスは、社会的な補償も弱いため、非常に厳しい状況となっていることでしょう。

会社業績がボロボロなのは、会社員の人も同様です。

しかし、会社員の人は、今月の給料が突然ゼロになることはありません。

せいぜい、来年の給料が少し下がるか、ボーナスがなくなるか程度で済むはずです。

フリーランスの立場からしたら、この点において、会社員はいいなぁと思うところは多いです。

このため、現在、会社に属していて、多少おもしろくない仕事をしている人であったとしても、安易に退職・フリーランスの道を選択してしまうと、ひどい目にあうリスクが高くなっています。

この点、フリーランスになりたいと考えている会社員の人は要注意だと思います。

現在のビジネス市場は、100年に1度あるかないかの荒波状態です。

このような状況下においても、会社員の身分は、まだ安定したものがあります。

現状だけを考えると、フリーランスよりも、会社員のほうが有利のように感じます。

しかし、私は敢えて、この荒波状態をフリーランスとして乗り切り、自分に自信をつけたいと思っています。

その結果は、また追って、共有させていただきたいと思います。