睡眠時無呼吸症候群の診断を受けた私…その後の体験談

数ヶ月前、私は、自分自身が睡眠障害になっている記事を書きました。

上記記事は、特に読む必要はないです。

結論だけを言うと、

「私は睡眠時無呼吸症候群の検査をして、経過観察の状態になりました。」

とうものでした。

それから数ヶ月。

私は実際にアクションを起こしました。

再検査から検査入院、そしてCPAP(鼻マスク)生活にまでたどりついたのです。

ここまで体験した人は、あまりいないと思います。

このため、次の記事は、ぜひ目を通していただき、何かのときの参考にしていただければと思います。

私も危ないところでした。

長い人生、睡眠はとても重要です。

あなたも、心当たりのある場合は、ぜひアクションを起こしてみてはいかがでしょうか。