1分で理解できる!「2-6-2の法則」って何?

あなたは「2-6-2の法則」って聞いたことがありますか?

聞いたことのない人も多いのではないかと思います。

ただ、この法則、経営や組織論の世界では、結構有名な言葉なんです。

1分で分かりますので、さくっと見ていきたいと思います。

2-6-2の法則とは?

まずは、から書きましょう。

2-6-2の法則とは、次のような意味になります。

「どのような組織においても、2割の人が優秀な働きをして、6割の人が普通の働きをして、2割の人がよくない働きをする」

イメージ湧きますよね?

会社のケースで考えると、普通は、下位2割の人をやめさせて、新しく人を雇おうとするでしょう。

そうすれば、もっと優秀な組織になるように見えます。

しかし、諸説によれば、そんな簡単な話ではありません。

下位2割の人をやめさせると、上位2割の人や真ん中の6割の人のやる気やモチベーションにも影響し、結果として良い結果にはならないというケースが多いのです。

結果として、どんな組織でも、2-6-2の比率は維持されるというものです。

中学校の成績とかもそうですよね。

上位2割の人は、優秀な高校に進学します。

しかし、どんなに優秀な高校だったとしても、あちこちの中学校から上位2割の優秀な生徒が集まるため、そこでも落ちこぼれが発生してしまい、2-6-2の法則が出来上がります。

不思議な法則ですよね。

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて

2-6-2の法則は、組織論の話になります。

そこで、組織を日本全体に見立てて、昨今のコロナショックを考えてみるとどうなるでしょう。

「自粛しましょう!」

こう言われて、真面目に聞き入れ、自律的に、次の一手を前向きに考えるのは国民の2割でしょう。(ピンチをチャンスに変える人達のことを指しています。)

ほとんどの人(6割)は、自粛しようということで、自宅でヒマな時間を過ごしているのではないかと思います。

残りの2割の人は、テレビYoutubeを見ることもなく、危機意識も低く、いつも通りの生活をしているのではないかと思われます。

こう考えると、

”人との接触を8割減らせばいい”

という専門家の分析は、ギリギリのラインで達成できるはずなんですが…。(専門家の分析は数理モデルによるもので2-6-2の法則とは関係ありません。)

緊急事態宣言、そして自粛生活は、果たしていつまで続くのでしょうか…。