テレワークのストレスとスーパー銭湯を失ったストレスの二重苦

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、強制的に振り回される我々の生活。

現在、私の仕事も出張・出勤はなくなり、テレワーク(在宅勤務)になっています。

「仕事があるだけ幸せなんだ」

と自分に言い聞かせつつも、テレワークにもデメリットがあります。

参考記事:コロナショックによる働きかた改革…テレワークの4つの限界とは?

このうち、私にとって一番大きいのが、仕事のON/OFFのスイッチの切り替えができないことです。

もともと、私はうつ病会社員を退職しています。

無職時代には傷病手当金にもお世話になりましたし、起業した現在も障害年金をもらって生活しています。

このため、会社員時代のように週5日も働くことができず、週3日の仕事でなんとかフリーランスしているわけです。

参考(私が運営している別ブログ):
週3日だけ働いて生活するフリーコンサルタントのビジネス情報局

メンタルの強くない私が、この環境の変化についていけるはずがありません。

唯一のリフレッシュとなっていた温泉・スーパー銭湯

参考記事:肉体だけでなく精神もリラックスさせてくれるスーパー銭湯!

このスーパー銭湯も、緊急事態宣言を受け、現在は、ほとんどのところが営業を自粛しています。

私は、精神的に安らぐ場所を完全に失ってしまっている状態なのです。

心療内科からもらっている薬の量も増えました。

コロナによる影響なのか、自身のせいなのか分かりませんが、

「週3日だけ働く生活」

から、

「週2日だけ働く生活」

に変化しそうな勢いです。

そのためには、本業で減った収入をどこかで補う必要があるので、不動産投資をはじめとするストック型の不労収入を増やす必要があります。

参考記事:副業を成功させる3つのポイント…私の投資方針を紹介します!

ただし、これらの副業(サブ事業)も、一朝一夕で達成できるものではありません。

長い時間をかけての種まきや育成が必要です。

新しいビジネスを立ち上げたくても、外出が自粛されているため、思ったような活動ができません。

うーん。

早く元の世の中に戻って欲しいです!!