スポンサーリンク

連日のコロナ騒動で、仕事がなくなる人が激増しています。

あなたが個人事業主だったとして、売上が0になったとき、1万円の商品券がほしいですか?それとも、仕事上の損失をカバーするような政策をしてほしいですか?

考えてみればわかるようなものです。

政府与党には、国民一律にばらまく、耳障りだけのいい政策よりも、中小企業や個人事業主の生活を支えるような政策を期待したいものです。

さて、そんな中、今回は、仕事(労働)の話ではなく、投資の話を少しだけ。

株式や投資信託など、金融機関に預けているあなたの虎の子のお金。

昨今の世界同時株安(コロナ不況)により、大幅に目減りしている人も多いのではないでしょうか。

こればかりは、どうしようもありませんよね。

いつ回復するのか、はっきりと相場が見えている人はいないのではないでしょうか。

そんな中、教科書的な理想の投資法として、ドルコスト平均法というものがあります。

参考:まさに低リスク!ドルコスト平均法を活用した金とプラチナ の積立投資とは?

このドルコスト平均法、結構有名な手法ですので、じっくりと積立投資を続けている人も多いと思います。

しかし、現在は、リーマンショックのときのような歴史的な下落局面。

ついつい、積立をやめてしまったり、解約したりしがちですよね。

ただ、こんなときこそ、ドルコスト平均法は力を発揮するはずなのです。

リーマンショックのときも、短期的には評価損になっても、積立を続けてさえいれば、長期的には損をすることはありませんでした。

暴落時は安く買えますし、下落した局面でも、10年20年も立てば、回復してきますので。

ドルコスト平均法は、短期間の上下動に惑わされることのない、優れたマネジメント手法です。

積み増しすることも、減らすことも、解約することもなく、できれば、そのまま何もしないで積立を続けてることが理想なのです。

乱高下する場面こそが、のちのちのリターンを生み出すことになります。

じっくりと時間を味方につけて、可能な範囲で、積立投資を継続することをお勧めします。

スポンサーリンク