環境大臣の育休取得!果たして世の中の会社も変化していくのか?

小泉進次郎環境大臣が、育児休業を取得すると発表して話題になっています。

第1子誕生後の3ヶ月間に合計2週間の育休をとるのだそうです。

これに対して、社会やネットでは賛否両論、盛り上がっています。

「育休」

世間が騒ぐことで、この言葉が、誰でも知っているようになってきたのはいいことだと思っています。

育休がスタンダードとなり、当たり前のように、男性が会社を休める社会になってくれることを願っています。

(育休中に不倫していたという、どこかで聞いたようなオチだけはやめてもらいたいですが…。)

他方、次のような声もあります。

・国民の税金を使って、政治家しかも、お金持ちの大臣が休むのはおかしい
・2週間という中途半端な期間で、育児の何ができるのか分からない
・共働きしないといけない厳しい家計事情の家庭が多数を占める中、小泉夫妻は資産家すぎるので前提が異なる
・今どき、育休を満額もらえるなんて浮世離れしている
・普通の会社はなかなか休めない状況なのに、大臣って、そんなに暇なのか?

などなど。

たしかに、紛糾するのも理解できます。

ただ、私は、賛成か反対かを評価するのは、今現在ではなく、もっと後だと考えています。

とにかく、世間に対して、育休の認知度を高め、育休取得後、一般の会社や中小企業においても、育休がとりやすい世の中になるよう法整備や調整をしてくれることが大前提です。

大臣だけ休んだけれど、一般の会社や中小企業は忙殺され、社員の社畜化が蔓延している状況がこのまま続くようであれば、今回の育休取得は失敗だったと言われても仕方がないでしょう。

あと、そもそも、私自身はフリーランスですので、育休や有休といった概念はないです。

休み=無休

を意味しています。

難しいとは思いますが、このあたりも、なんとかセーフティネットを整備してほしいですね。

誰かがアクションを起こさないと、世の中はなかなか変わっていかないと思います。

今回の育休取得をきっかけに少しでも良い方向に世の中が変わっていくことを期待しています。