スポンサーリンク

早いもので、令和元年も、あと1ヶ月をきりました。

年末調整、忘年会、年賀状、大掃除…

など、どこの家庭も忙しい日々を過ごしているのではないでしょうか。

私は、自分の法人の決算が12月末ですので、いつも以上にバタバタとさせていただいております。

そして、12月は忘年会シーズンでもあります。

私もときどき参加させていただいておりますが、どこのグループも、会社の愚痴が多いですね…。

上司の批判であったり、後輩の愚痴であったり、給料が安いといった話であったり…。

実際、私もそうでしたが、いざフリーランスの立場から見てみると、なんか奇妙に見えてきます。

こんなに愚痴が多いのに、会社員続けるんだ…。

私も、会社員時代には、同様の悩みを抱え、愚痴っていた時期がありました。

あと一歩が踏み出せない状況でした。

しかし、勇気をもって一歩を踏み出し、なんとか脱サラに成功しました。

このあたりの話を記事にしてみました。

3年近く前に出版した電子書籍の要約版になります。

少し長い記事ですので、時間のあるときに目を通していただければ幸いです。

参考:お金を増やす方法論…「キビノミクス(改訂版)」の要約

そして、上記の記事は考え方(方法論)ですが、社畜生活から脱出する具体的なカギはなんといっても、プライベートカンパニーにあります。

会社員を続けながら、小さなビジネスで、あなただけのカンパニーを作るのです。

参考:会社員はプライベートカンパニーを設立して節税しよう!そのメリットとデメリットに迫る!

こちらも併せて、参考にしてみてください。

スポンサーリンク