スポンサーリンク

連日、報道されている「桜を見る会」。

参考:「桜を見る会」って、事態は最悪なのでは…

残念ながら、この騒動は、政府の言い訳保身のオンパレードですので、今後も当分、続くことになるでしょう。

そんな中、気になるニュースが日経新聞に掲載されていました。

京都大学・山中教授のiPS細胞の予算が打ち切りになる…

なんじゃ、それ?

目を疑いました。

山中教授が世界で初めてiPS細胞を発見し、実用化へ向けて、研究に取り組まれているのはご存知のことだと思います。

このiPS細胞は、難病治療や再生医療の重要な柱となっています。

しかし、再生医療に活用するためには、iPS細胞を備蓄しておく必要があり、そのストック事業というものに、大変お金がかかると言われています。

その予算を、日本政府は、打ち切ろうとしているのです。

作りかけの橋の工事を途中で投げ出してしまうようなイメージでしょうか。

この件について、山中教授は次のようにコメントしています。

「透明性の高い議論の結果であればまだしも、理由が不明確なまま、いきなり予算がゼロになるのは理不尽だ。国の意見には従うつもりだが、きちんとプロセスを明確にしてほしい。」

おっしゃる通りだと思います。

丁寧なコメントに見えますが、腹の中は怒りで満ちていることでしょう。

こんな政府だと、誰かが主張していたように、日本で研究したくない気持ちも分かるような気がします。

世界の中にあって、日本の研究開発能力は相対的に力をなくしてきていると聞きます。

その理由は、産業界のニーズ(ようはすぐに儲かること)を重視しすぎていることに他なりません。

日本を救い、世界を救う事業の打ち切り。

それはないでしょう…。

山中教授の成果を待っている難病患者の人はたくさんいます。

桜の前で飲み食いするお金はあるのですから、政府には、是非、難病患者の人たちにも目を向けてもらいたいと思います。

スポンサーリンク