スポンサーリンク

流行語大賞。

今年も、この季節がやってきました。

2019年も残り1ヶ月半となりました。

早いものですね。

先日、ユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされた30語が発表されました。

過去3年の流行語大賞

過去3年の流行語大賞は、

2018年は「そだねー」

2017年は「インスタ映え」

2016年は「神ってる」

でした。

賛否両論はあるかもしれませんが、誰もが知っているような「なるほど」と思わせるものでした。

2019年の流行語ノミネート30語

では、2019年となった今年は、一体どのような言葉がノミネートされているのでしょうか。

30語を見ていきましょう。

①あな番(あなたの番です)

②命を守る行動を

③おむすびころりんクレーター

④キャッシュレス/ポイント還元

⑤#KuToo

⑥計画運休

⑦軽減税率

⑧公開などあろうはずがありません

⑨サブスク(サブスクリプション)

⑩ジャッカル

⑪上級国民

⑫スマイリングシンデレラ/しぶこ

⑬タピる

⑭ドラクエウォーク

⑮翔んで埼玉

⑯憎々しい

⑰にわかファン

⑱パプリカ

⑲ハンディファン

⑳ポエム/セクシー発言

㉑ホワイト国

㉒○○ペイ

㉓MGC(マラソングランドチャンピョンシップ)

㉔免許返納

㉕闇営業

㉖4年に一度じゃない。一生に一度だ。

㉗令和

㉘れいわ新撰組/れいわ旋風

㉙笑わない男

㉚ONE TEAM(ワンチーム)

いつもこの季節になると思うのですが、この30語のうち、いくら知っているかで自分の常識力が分かるような気がしています。

今年は災害とラグビーが多いですね。

お笑いの一発ギャグがないのも特徴的です。

私の流行語大賞予想

2019年は「令和」が始まった記念すべき年です。

普通に考えれば、この言葉に勝るものはないと思うのですが、流行語というには、当たり前すぎるような気もします。

あと、災害が多かった一年でしたが、どちらかというと明るい言葉のほうが選ばれやすいと思います。

数多くあるラグビー関連の言葉の可能性が高そうです。

あと、キャッシュレス/ポイント還元、軽減税率、○○レスあたりも、ほぼ全員に関係しているので、可能性は高そうです。

時代を反映すると…

私の予想は「キャッシュレス/ポイント還元」かな…。

あと大賞になる可能性は低いと思いますが、先日、私が紹介したサブスクも選出されています。

参考:流行りのビジネスモデル「サブスクリプション」って何?

「サブスクって何?」

私も、質問されることがとても多い言葉です。

しかし、この言葉を10年近く前に、テレビや雑誌などで語っていたホリエモン。

このノミネートを見て、一体どう思っているのでしょうかね?

スポンサーリンク