スポンサーリンク

最近、本やネット記事のタイトルなどで、次のような表現をよく見かけることが多くなりました。

「不動産投資で資産○億円を築いた!」
「総資産○億円の男」
「日本は借金大国である」

すべてスケールの大きい話ですが、この手の表現は、立ち止まって、よく考えてみる必要があります。

資産XX億円のトリック

まず、貸借対照表の話から始めます。

貸借対照表は、損益計算書と並ぶ、重要な決算書類です。

損益計算書は会社の経営成績(一定期間の成績表)を表しているのに対して、貸借対照表は会社の資産状況(ある時点の断面)を表しています。

細かい説明は省きますが、左側(借方)に「資産」、右側(貸方)に「負債」と「純資産」を書きます。

このとき、

「資産=負債+純資産」

の式が成り立つようになっているのが特徴です。

貸借対照表は会社に関する書類ですが、仮に家計に当てはめてみましょう。

3000万円の家を買うとき、自己資金500万円を入れて、2500万円の住宅ローンを組んだとします。

この場合、資産は3000万円、負債は2500万円、純資産は500万円になります。

家の価値は3000万円ですが、2500万円は借金をしただけなので、実質は500万円が純粋な持分となります。

極端な話、全額ローンを組んでいると、純資産はゼロになります。

全額借りて、全額使っただけなので、実質、何も増えてないのはイメージ通りですよね。

ここがミソになります。

資産といえば、会社がもっているモノで、大きいほうが優れているようなイメージがあります。

しかし、実際は借金という手段で資産を手に入れているだけのものも多いです。

このため、本当の体力は、資産から負債を差し引いた純資産で評価するべきなのです。

冒頭の話に戻ります。

「不動産投資で資産1億円を築いた!」

ぱっと見、これは、すごいように聞こえます。

しかし、ここから読み取れるのは、資産が1億円ということだけで、負債と純資産が示されていません。

ひょっとしたら、お金が余っていて、全額をキャッシュで購入し、純資産が1億円なのかもしれませんし、1億円のローンで不動産を購入しただけなのかもしれません。

ローンを組むだけなら、銀行の信用があればいいだけなので、お金持ちになったわけではありません。

最近は、不動産投資の本が溢れかえっています。

「普通の人が資産○億円を築いた方法!」

というタイトルが目立ってきているので、少し触れてみたくなりました。

「資産○億円」は、それだけで評価できません。

評価すべきは「純資産」です。

不動産投資であれば、それに加えて、月々に得られるキャッシュの額や節税効果、立地条件など総合的な評価が重要なのです。

日本は借金大国のトリック

「日本は借金が多い」

これも、よく言われているフレーズですよね。

しかし「だから、財政破綻だ!」と言い切ってよいものでしょうか?

先ほどの純資産の話に戻ります。

日本という国家が1000兆円を超える借金(負債)があることは事実です。

国民一人当たりに換算すると、サラリーマンの年収に相当する額にもなると言われています。

しかし、日本は負債も大きいですが、それなりに資産も合わせもっているのです。

さらに、負債の質も考えなければなりません。

日本という国は、高い金利のサラ金のようなところからお金を借りているのでしょうか?

いや、そうではありません。

日本の借金は、ほとんどが国債であり、日本人からお金を借りているのです。

身内からお金を借りているようなものです。

国債なので、安全性は高く、家計に例えたら、現代の住宅ローンのようなものでしょうか。

つまり、低金利である住宅ローンの金額が大きいから、家計破綻かと言えば、そうではないと思います。

日本は借金大国かと言われれば、負債額が大きいというだけで、財政破綻とは即座につながりません。

消費税の増税も、日本の借金が多いから…と理由づけていた時代もありました。

しかし、負債だけとか、資産だけで見ても、何も判断できないのです。

我々は、「資産」や「負債」といった断面的な数値だけでなく、もう少し物事を俯瞰的に見ることが重要になってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク