スポンサーリンク

仮想通貨。

聞いたことがありますよね。

ビットコインイーサリアムのことを指していますが、現在は暗号資産と呼ばれています。

参考:仮想通貨から暗号資産へ!名前が変わった理由とは?

電子マネー。

これも聞いたことがありますよね。

SuicaとかWAONとか楽天Edyとかのことを指しています。

仮想通貨(暗号資産)と電子マネー。

一体、何がちがうのでしょうか?

いろいろありますが、ここでは一点だけ押さえておきましょう。

仮想通貨(暗号資産)と電子マネーの決定的なちがいは、

”取引履歴を記録・管理する管理者が存在しているかどうか”

に尽きます。

電子マネーの場合、SuicaはJR東日本、WAONはイオン、など、発行業者が取引履歴を管理して信用性を担保しています。

しかし、仮想通貨(暗号資産)は、改ざんされにくいと注目されている「ブロックチェーン」という技術を使って、ネットワーク上の参加者全員が同じ取引履歴を共有・管理し合うことで信頼性を担保しています。

電子マネーの価値は、それぞれの発行業者に依存しますが、仮想通貨(暗号資産)は、供給量を誰も調整できないため、価格(価値)が乱高下しやすいという特徴があります。

発行業者と管理者が明確でないことから、マネーロンダリングなど、悪用されるリスクもあります。

これだけ聞くと、仮想通貨(暗号資産)は危険なものというイメージがつきますが、ブロックチェーンという技術自体はすばらしいものです。

時間が経つにつれて、法整備が進み、仮想通貨(暗号資産)は電子マネーよりももっと生活に身近なものとなっているかもしれませんね。

スポンサーリンク