スポンサーリンク

私はうつ病で無職になった後、フリーランスとして起業しました。

週に3日ほど、仕事をしていますが、不安やストレスによる発作には、常に怯え続けています。

参考:過呼吸で救急車で運ばれたときの話…恐ろしいパニック障害の対応策とは?

心療内科にも定期的に通院し、毎日さまざまな薬も飲んでいます。

しかし、これらはすべて精神的な疾患です。

肉体的には、健康そのものです。

今年も人間ドックを受診しましたが、異常はありませんでした。

そんな中、ここ1ヶ月で、左脇腹に

「痛みの伴わない謎のしこり」

が突然発生し、少しずつ大きくなってきたのです。

大きめの病院へ受診

痛みのある場合は、何かにぶつけるなどの理由で、腫れているだけだと考えます。

しかし、痛みもなく、左脇腹の目立たない箇所でしたので、なんとなく不気味な感じがしました。

しこりの大きさは直径1cmから2cmくらいです。

脇腹を手で触ると、奥のほうにビー玉のような塊があることがすぐに分かりました。

「ガンとかが進行していたら嫌だな…」

何事にも少し心配性な私は、少し大きめの病院を受診することにしました。

受付窓口で、事情を説明し、何科を受診すればいいのか尋ねると、

形成外科に行ってください。」

と即答されました。

形成外科?

ほくろの治療をするところかな?

私は形成外科にお世話になったことはなく、全くイメージがわきませんでした。

医師に事情を伝えると、医師は私の左脇腹を触診してくれました。

「ガンとか悪性の腫瘍じゃありませんよね?」

私が確認すると、医師の口から出た言葉は…

謎のしこりの正体

「これは粉瘤(ふんりゅう)ですね。」

「粉瘤?それってなんですか?」

初めて聞く言葉でした。

医師の説明は次のようなものでした。

粉瘤(ふんりゅう)とは、皮膚の下に袋状の構造物ができ、角質や皮脂などの垢が、その袋にたまってできてしまった腫瘍のことです。

脂肪の塊とか良性腫瘍と言われることもありますが、厳密には、皮膚腫瘍のカテゴリーとなるようです。

悪性腫瘍ではないため、放置しておいても問題はないですが、腫れ上がったり、大きくなることもあるので、そうなると手術をするケースもあります。

顔とか見える場所に粉瘤が発生したら、小さいうちに手術をするのもアリです。

しかし、脇腹や背中、お尻といった目立たない場所は、急ぐ必要はなく、様子を見ながら、邪魔になってきたら手術をする程度の意識で構いません。

「分かりました。とりあえず様子を見ます。」

粉瘤は、別名アテローマとも呼ばれているそうです。

私の中では聞いたことのない言葉が並びましたが、とりあえず、生死に関わる病気ではなさそうです。

私は一安心しました。

私の場合、すぐに病院へ行きましたが、皮膚ガンなどの悪性腫瘍の場合は早期発見が重要です。

もし、体の異変に感じた時には、勝手に判断せず、すぐに病院へ行ってみることをお勧めします。

スポンサーリンク