スポンサーリンク

先日、私は、大阪府内のある大きな国道を車で走っていました。

周囲の流れに従い、2車線の道路の左側車線を普通に時速60Kmで走っていました。

すると急に、後ろから猛スピードの車が近づいてきました。

「今、騒がれているあおり運転か…。厄介だなぁ…」

一瞬、私はそう思いました。

しかし、追い越し車線ではない左車線だし、前には普通に車が走っているし…

これ以上、スピードを上げて車間距離を縮めるわけにもいきません。

「どうしよう…」

とりあえず、私は無策のまま車を走らせました。

あおり運転者の正体

猛スピードで近づいてきた車は、私の車に何度かプレッシャーをかけた後、追い越し車線に移動しました。

そして、一気に私の車を追い抜かして行きました。

「ホッ」

私の車をマークしていたわけではなく、あおり運転でもなかったようです。

しかし、追い越し車線が詰まってくると、左車線にいた私の車は先ほどの嫌な車に近づいてきました。

しかも、その車は右に左にフラフラしています。

「近づきたくないなぁ…」

周囲の誰もがそう感じていたと思います。

私はそのまま流れに沿っていると、追い越し車線にいたその車に追いついてしまいました。

そして、運転者の顔をちらっと見てみたら…

なんと、運転者は若い学生のような男性でした。

その若者がスマホをいじりながら運転していたのです。

あおり運転や飲酒運転ではなく、実はスマホいじり運転だったのです。

自分が巻き込まれることはなかったので、個人的には、火の粉は降りかかってきませんでした。

しかし、あの猛スピードにフラフラ運転。

ものすごく危険です。

こういう人をきちんと取り締まって欲しいんですが…。

スマホ運転の罰則

飲酒運転スピード違反に罰則があることは広く知られています。

しかし、スマホ運転はどうでしょう?

これも危ないですよね。

現在、スマホ運転をすると、

「違反点数として1点、普通車だと反則金は6000円」

になっています。

しかし、上記のようなケースが増えてきていることから、2019年12月からは、さらに罰則が強化されるようです。

スマホ運転をしていると、

「違反点数は3点、普通車だと反則金は18000円」

になるようです。

危険の度合い、世論の動きから、3倍になるようです。

最近、街中、どこを見渡しても、誰かがスマホをいじっています。

ただ、運転中だけは勘弁してほしいですよね。

この罰則規定の強化を機に、自己の抑止や運転マナーの向上につながってくれることを願っています。

スポンサーリンク