スポンサーリンク

本日、2019年のセ・リーグの最終順位が確定しました。

私は、2019年のプロ野球のシーズンが始まる前(2019年2月21日)、次のような順位予想をしていました。

参考:2019年のプロ野球の順位予想(セ・リーグ)をしてみました!

これが当たっていたのか、外れてしまったのか、今回は少し振り返ってみたいと思います。

私の2019年セ・リーグ順位予想

上記の記事を見てもらえれば分かりますが、私の2019年のセ・リーグ順位予想は以下のようなものでした。

1位:巨人
2位:広島
3位:阪神
4位:DeNA
5位:中日
6位:ヤクルト

2019年セ・リーグ決定順位

本日の、阪神対中日戦をもって、2019年のセ・リーグ順位が、下記のように決定しました。

1位:巨人
2位:DeNA
3位:阪神
4位:広島
5位:中日
6位:ヤクルト

ギャップ分析

1位:巨人(正解)
2位:DeNA(不正解)
3位:阪神(正解)
4位:広島(不正解)
5位:中日(正解)
6位:ヤクルト(正解)

単純に、私の予想と結果を比較してみると、1位、3位、5位、6位が当たっていることになりました。

2位のDeNAと4位の広島が入れ替わっていたら、すべて正解ということです。

自分で言うのもなんですが、まぁまぁの的中率だったのではないかと思っています。

巨人の独走優勝はほぼ予想通りでしたね。

他チームとは、戦力・層の厚さがちがいます。

まだクライマックスシリーズは始まっていませんが、かなりの確率で日本シリーズにも進出するのではないでしょうか。

5位の中日と6位のヤクルトもほぼ予想通りです。

高齢化と世代交代の時期であり、今期に関しては、あまりうまく噛み合わなかったということなのでしょう。

残りのDeNAと阪神と広島は、はっきり言って、どんぐりの背比べ状態ですね。

実際にゲーム差もほとんどありません。

広島はもう少し上位に食い込むかと思っていましたが、意外にも丸選手の抜けた穴は大きかったということなのでしょうか。

DeNAは、ケガ人に悩まされましたが、よく2位に浮上してきたと思います。

強力打線に加え、エース今永、守護神山崎を中心とする投手陣がうまくかみ合えば、王者巨人とも、いい勝負をするかもしれません。

阪神は、最後の試合まで驚異の追い上げでしたね。

とりあえず、メッセンジャー投手には「お疲れ様」と言いたいです。

そしていよいよ数日後から、クライマックスシリーズが始まります。

どのチームも総動員でがんばると思いますので、高校野球同様、見ていて面白いです。

3チームとも全力で面白い試合を見せてほしいと思います。

スポンサーリンク