スポンサーリンク

あなたは「72の法則」を聞いたことがありますか?

もちろん、学校で習う数学の公式ではありません。

これが、意外にも、日常生活でも役立つ公式なんです。

消費税アップなどで家計が苦しくなる中、貯蓄から投資へ切り替えようと考える人が増えてきています。

こんなときに便利なのが「72の法則」なのです。

簡単ですので、これを機に覚えておきましょう!

貯蓄から投資へ

今、貯金が100万円あったとします。

これを銀行に預けていても、利息もほとんどつかないので、投資を始めることにします。

せっかく投資するのですから、大きく増やしたいところですよね。

例えば、2%の金利で、2倍(200万円)にしたいという目標を立てたとしましょう。

今の時代で、2%も金利がつく商品に投資するので、結構なリスクがあることが想像できますよね。

この場合、一体何年後に目標が達成できるのか、すぐに答えることができますか?

簡単には計算できないですよね。

ここで登場するのが「72の法則」になります。

72の法則とは?

「72の法則」とは、

”72を金利で割るだけで、元本が2倍になるまでの年数がわかる”

という便利な法則のことを指しています。

先ほどの例だと、

72÷2%=36年

つまり、2%の金利の商品に投資すると、元本を2倍に増やすまでに、36年もかかるのです。

銀行の普通預金だと、0.001%くらいなので、

72÷0.001%=72000年

72000年?

もう生きてないですよね。

銀行にお金を預けても、お金を増やすことにはならないことが容易に分かると思います。

72の法則:
「72÷金利=元本を2倍にするまでの年数」

覚えておきましょう。

あと、余談ですが、「115の法則」というのもあるので、興味のある方は、参考にしてみてください。

参考:知っておくと便利な公式!72の法則と115の法則とは?

スポンサーリンク