スポンサーリンク

昨日、私の中ではショッキングなニュースがありました。

私が以前、記事にさせていただいたTBSの「消えた天才」という番組。

参考:TBSの「消えた天才」という番組について思うこと

いつも楽しみにしていましたが、この番組に映像加工、いわゆるねつ造があったとのことです。

この騒動で、番組は一時休止になるとのことです。

たしかに、映像上、天才とされた小学生ピッチャーの投げたボールはすさまじいスピードで、

これで本当に130キロ?

と、無意識のうちに疑わしいとは感じていましたが…。

よほど、天才のすごさを誇張したかったのでしょうか。

ただ、この天才小学生に限らず、昔、天才が結果を残していたことは事実です。

「消えた天才」の企画自体やストーリーにも全く問題はありません。

このため、なぜ、編集者がこのような小手先の映像加工に頼ってしまったのか、理解に苦しみます。

番組視聴者だけでなく、映像加工の対象となった天才の方々にも申し訳ないのではないでしょうか。

TBSの番組責任者・担当者に対しては、まずは事実を確認し、膿を出し切った上で、また再出発をしていただきたいと思います。

スポンサーリンク