スポンサーリンク

先日、厚生労働省が、年金財政の健康診断みたいなものである「財政検証」を公表しました。

普通の人は1年に1回、健康診断か人間ドックを受診するものですが、年金財政は5年に1回のチェックとなっています。

あなたが年金を受け取る時に、現役時代の収入の50%を受け取れるかどうかが評価の目安となっています。

財政検証の公表時期

ここでは詳しく書きませんが、結論として、

「年金財政は100年安心ではなく不安が残る」

といったものでした。

まぁ、こんな資料に目を通さなくても、国民のほとんどが予想していた結果ではありますが。

問題は、これを発表する時期です。

現在はもう選挙が終わりましたが、なぜ、これを選挙前に公表しなかったのでしょうね。

自民党への忖度でしょうか?

「年金制度は安心です」

と強気でアピールするのではなく、

「年金制度には頼れない」

ということを前提に、その先の道を、いろいろ考えていってもらいたいと思います。

団塊ジュニア世代の不安

年金制度もそうですが、現在の40代くらいの団塊ジュニア世代の不安・不満も相当なものだと思われます。

私もその世代なので、いつも感じています。

あなたは「横出世」って言葉を聞いたことがありますか?

今回は、団塊ジュニア世代向けに、このあたりを記事にしてみました。

参考:就職氷河期を経験した段階ジュニア世代…今後は「横出世」で乗り切ろう!

参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク