スポンサーリンク

平成から令和に移り変わる歴史的な10連休。

現在、その真っ只中にいます。

そんな中、平成の前の昭和の時代の話を少しだけ。

私の趣味はサスペンスドラマ鑑賞です。

いわゆる2時間ドラマと呼ばれているものです。

私は小学生の頃からずっと見ていました。

火曜サスペンス劇場、土曜ワイド劇場…。

昔はよく放送されていましたが、最近は本当に減りましたね…。

平成のサスペンスドラマ

2時間もののサスペンスドラマ。

視聴率・コスト至上主義からか、最近は減りましたね…。

人気シリーズものの再放送しか、放映されなくなりました。

火曜サスペンス劇場や土曜ワイド劇場などの定期的な新作放送もなくなりました。

私のようなおじさん世代としては寂しい限りです。

新作がでてきても、SNSやハッキングを利用したITものや、難しいDNA裁判ものなど、簡単に理解できるストーリーではなくなってきています。

出演者の高齢化も特徴的です。

主役となっている俳優さん、女優さんはほとんど50代か60代です。

20代や30代で成り立っているドラマは皆無です。

これではコスト増も納得です。

昭和のサスペンスドラマ

昭和の頃のサスペンスドラマを見たくても、再放送すらされていません。

昔、複数のテレビ局にメールをして、再放送をお願いしたこともあったのですが、すべて無視されて終わりでした。

視聴率がとれる保証はないので、当然の結果ですよね。

しかし、便利な時代になりました。

最近は、特定の有料動画サイトやYoutubeなどで、昔のサスペンスドラマを自由にみることができるようになっています。

試行錯誤の末、昭和の頃のサスペンスドラマにたどり着いた時は感動でした。

昭和の頃のドラマは、固定電話や電車など、トリックなどがシンプルで、人間の心に訴えるものが多いです。

雰囲気というか伏線の間合いというのか、絶妙な作りになっています。(現在のものと比較してみると一目瞭然です。)

今後のサスペンスドラマに期待すること

昭和の頃のサスペンスドラマは名作だらけです。

しかし、平成…そして令和の時代にも、もっといい作品はでてくるのではないかと思っています。

そのためには、若手の起用、演技力、シンプルなストーリー・脚本…など、工夫すべき点も多いです。

あと数日で令和時代。

昭和の頃のいい点を残しつつ、令和オリジナルのすばらしい2時間サスペンスドラマが登場することを切に願っています。

スポンサーリンク