スポンサーリンク

1989年1月7日。

当時の小渕恵三官房長官が掲げた「平成」の2文字は、ほとんどの人の記憶に残っていると思います。

あれから30年の月日が経ち…

本日、2019年4月1日。

ついに「平成」の次の新元号が発表されました。

平成の経済の振り返り

別ブログになりますが、私は1年ほど前に次のような記事を書きました。

参考:平成は30年で幕を閉じることが決定…平成の経済を振り返る!

これは1分ほどで読める、平成の経済の出来事を5つのキーワードだけで書いたものです。

平成という時代は、日本で戦争のなかった平和な時代だとも言われています。

しかし、経済だけで見ても、激動の時代だったことが分かります。

この時代の変化を受けて、新しい時代は、今後どのように移り変わっていくのでしょうか?

新元号の発表

新元号を発表したのは、ご存知、菅義偉官房長官でした。

どことなく、いつもよりお洒落に見えたのは私だけでしょうか。

後世に残るシーンということで、結構、意識していたのかもしれません。

2019年4月1日午前11時30分。

別の言い方をすれば、平成31年4月1日午前11時30分。

菅官房長官が示したのは「令和」の2文字でした。

本日はエイプリルフールでもありましたが、オチはありませんでした。

安倍首相の強い影響力が働いたのか、大方の新元号予想は「安」の文字が使われていましたが、そんなに簡単な話ではありませんでした。

一度、有識者会議を生で聴いてみたいものです。

新元号とともに…

新元号「令和」

先ほど発表されたばかりですので、まだ何とも言えませんが、幸せな時代になってほしいですね。

ただ、元号が変わったからといって、何か具体的に問題が解決したわけではありません。

国際的には、北朝鮮や韓国など、厄介な隣人がひしめく嫌な空気になってきています。

国内的にも、少子高齢化に伴う、年金・介護などの問題は待ったなしで進んできています。

地震や台風、地球温暖化など、自力ではどうしようもない自然災害の脅威も増えてきています。

日本人の働き方や意識も大きく変わり、スマホ・SNS全盛の時代を迎えています。

新しい流れに乗りつつも、古き良き伝統を重んじる。

これらをうまく調和させた平和で住みやすい時代になることを願っています。

スポンサーリンク