スポンサーリンク

私は40代半ばになって、会社員を辞めてフリーランスになりました。

生活面、健康面、経済面、精神面…

どれをとっても、会社員時代よりもフリーランスとなった現在のほうが満足度が高いです。

もう少し若い頃に脱サラしておけばよかったと思えるほどです。

このため、フリーランスになってよかった点は、いくらでも書くことができます。

しかしここでは、あえて逆張りし、フリーランスになってよくなかった点・困った点を考えてみたいと思います。

一般的に言われているフリーランスのデメリット

改めて考えてみたんですが…

フリーランスになって、会社員時代よりも悪くなった点って、今のところ、ほとんどないんですよね…。

それだけ、私にとって、フリーランスというのは居心地のいい生き方・働き方なんだと思います。

よく言われているフリーランスのデメリットとして、次のようなものがあります。

①経済面での不安定な点
②老後の保障が薄い点
③最新技術などのスキルアップができない点

①について、フリーランスになって単価が上がったため、週休3日でも普通に暮らしていくことができています。

ネット副業やアルバイトなども自由にできるので、会社員時代よりも豊かになっていると確信しています。

不動産投資などのストックビジネスにも力を入れてますので、時間も味方につけているとも言えます。

参考:コンサル会社時代よりも豊かで自由になった働き方…究極の”週休3日メソッド”とは?

②について、個人事業主として活動していた頃はそう思いましたが、起業して、法人を立ち上げたので、その不安も消えました。

会社員と同じように、厚生年金保険料を支払い、退職金も積み立てることができています。

③について、医師とか専門職であれば、その通りかもしれません。

しかし、私のようなコンサルティング業では、ネットやセミナー、人脈等で、必要な情報はなんでも手にいれることができます。

自由に動ける分、かえって視野は広くなったような気がします。

このため、①②③ともに、私の不安材料ではなくなっています。

フリーランスになってよくなかった点

さて、もっとがんばって、フリーランスのデメリットを絞り出してみましょう。

そういえば、会社員のときには簡単に作ることのできたクレジットカードの審査が非常に厳しくなりました。

全く作れないというわけではありませんが、会社員時代よりも社会的信用力は大きく落ちているのでしょう。

おそらく、住宅ローンなども借りることは難しいのだろうと思います。

今から脱サラを考えている人は、この点には注意が必要です。(マイホーム購入を考えている人は、会社員時代に買っておきましょう。)

他のデメリットとしては…

出世とか役職とか年商とか資本金などの世間体を気にする人は、会社員の身分のほうがいいかもしれませんね。

私はこだわりがなかったので、特にデメリットにはなりませんでしたが。

デメリットはこれくらいでしょうかね…。

スポンサーリンク