スポンサーリンク

2月も終わりに近づいてきて、寒さもマシになってきました。

そろそろ、プロ野球が賑わってくる季節ですよね。

そこで、今回は突然ですが、毎年恒例の2019年のプロ野球の順位予想をしてみたいと思います。

特に、私の好きなセ・リーグに特化して見ていきたいと思います。

セ・リーグ順位予想

結論から言います。

私のセ・リーグ(2019年)の順位予想は下記の通りです。

1位:巨人
2位:広島
3位:阪神
4位:DeNA
5位:中日
6位:ヤクルト

理由と根拠を球団別に見ていきたいと思います。

1位予想:巨人

今年はなんといっても優勝候補の筆頭だと思います。

丸選手の加入に加えて、4番固定の岡本選手の成長が大きいです。

外国人は当たり外れがありますが、日本人がしっかりしてきましたので、打線は大崩れしないのではないかと思われます。

中島選手炭谷選手岩隈投手などの実績のある選手の加入もプラスに働くでしょう。

読売巨人軍という球団の絶対使命・宿命である「優勝」!

原新監督の意気込みも強そうです。

唯一の不安があるとすれば、投手陣、とくに中継ぎ・抑えですが、攻撃陣の駒が揃っていますので、最後まで優勝争いをすることは、ほぼ間違いないのではないでしょうか。

2位予想:広島

丸選手が抜けた穴は小さくないです。

しかし、このチームは一人の選手だけで成り立っていたチームではなく、総合力があります。

一人の選手が抜けたからといって、大きく順位を下げることはないでしょう。

巨人から逆移籍の長野選手や、新人の小園選手がどこまで活躍できるかが見ものです。

3位予想:阪神

2018年は最下位に終わりました。

今年はAクラスは堅いのではないでしょうか。

オリックスからの西投手、中日からのガルシア投手の加入が大きいです。

もともと投手力はある球団ですが、10勝くらいしてくれて、ローテーションを守る投手が2名加入すると、大きく順位を下げることはないでしょう。

生え抜きエースである藤浪投手のシーズンを通しての活躍が優勝への勝敗を分けるものと思われます。

高齢化が進む打線について大きな期待ができないのは相変わらずで、いかに最少失点で切り抜けるかがカギとなるしょう。

4位予想:DeNA

ソト・筒香・ロペス・宮崎を中心とする強力打線は健在です。

しかし、問題はシーズンを通しての投手力で、新人頼みのローテーションは変わりありません。

新人の上茶谷投手、2年目のジンクスとなる東投手あたりが10勝してくれると、抑えは安定しているので、Aクラスを目指すことができるかもしれません。

三浦投手コーチに期待したいと思います。

5位予想:中日

松坂投手の話題や、根尾選手の加入でマスコミ的には賑わっているようですが、戦力的にAクラス入りは厳しいと見ています。

岩瀬投手などのベテランが引退し、2019年は世代交代を進めるシーズンとなりそうです。

全体的に、シーズンを通しての投手力が低く、2019年のシーズンだけで見ると、厳しい戦いとなりそうです。

6位予想:ヤクルト

野手陣の高齢化が進み、シーズンを通しての投手力も低いため、Aクラス入りは厳しいと見ています。

青木・山田・バレンティンがいい状態で結果を残し、かつ、新外国人が当たれば、面白いのではないでしょうか。

スポンサーリンク